治療履歴(第2章)

最初のクリニックの低刺激+胚盤胞にこだわる方針に疑問を抱き、
転院を決意する。



俵IVFクリニック(2016.1~9月)

個人に合わせたオーダーメイド治療法。

採卵2個は初期胚凍結、それ以上を胚盤胞培養へまわす。


<治療履歴>

<1>アンタゴニスト法(2016.1月)採卵4個

→ふりかけ正常受精4個(うち胚盤胞0個)

2個初期胚で凍結+2個培養→胚盤胞ならず(2016.1月)


☆移植1(自然)
初期胚1個移植陰性(もう一方培養→胚盤胞ならず)(2016.2月)



<2>ショート法(2016.3月)採卵7個

→ふりかけ正常受精5個(うち胚盤胞4個)

2個初期胚で凍結
+3個培養→3個胚盤胞凍結(Aa×1、Bb×2)(2016.3月)




☆移植2(HR補)
…SEET法+Aa凍結胚盤胞→陰性(hcg0.9)(2016.4月)


☆移植3(HR補)
…2段階移植(初期胚+培養→Cb胚盤胞)陰性(hcg<0.500)(2016.6月)


☆移植4(HR補)
…2個移植(エンブリオグルー+Bb凍結胚盤胞×2)陰性(hcg<0.500)(2016.8月)


「そろそろ卒業の時期ですので
ご主人とよく話し合ってください」と言われる。


この頃より「着床前診断」熱に火がつきはじめる。

着床不全治療の打診のため

「リプロダクションクリニック大阪」

への転院を考えるようになる。←イマココ


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
[PR]
by sleep_on_board | 2016-09-25 22:05 | 自己紹介

不妊治療こじらせ中のめーたんが車中泊してリプロ大阪へ通います。


by めーたん